欧州の大手ブックメーカーはスポンサーになっている

欧州の大手ブックメーカー スポンサー

スポンサー

欧州のブックメーカーは、世界的にも有名です。歴史もあり、世界中の人がインターネットを通じて投票に参加しています。例えばイギリスなどでは、政府の規制の下に運営が許可されており、簡単に設立することはできず、クリアしなければならない事項も多く、財務的な健全性も求められます。

したがって、とても安全です。世界最大級のブックメーカーは、ロンドン市場に上場するなど、健全な経営をしています。また、サッカーのスポンサーになっていたりと、決して日陰者扱いではありません。

ブックメーカーの楽しめるポイントは、投票対象が広いところです。有名なのはサッカーですが、選挙や天気、芸能関係など、あらゆる結果が事前にわからない、偶然の事象に左右されるものが予想対象となっています。そのため、賭け事は得意ではないという方でも、始めやすいという魅力があります。投票も掛け金を自分で決めることができるので、予算の範囲内で楽しむことができます。

欧州サッカーのブックメーカーに参加

参加

欧州サッカーは、ブックメーカーで行われている賭けの中で特に人気のあるコンテンツの一つで、日本からもインターネットを通じて参加している人がたくさんいます。もし、サッカーのブックメーカーに参加したくなった場合は、元手となる資金と、そのお金を管理するための口座を準備しなければなりません。

ブックメーカーで儲けたお金の入出金は、日本の金融機関の口座をつかっても行うことができますが、振込の予約をしてから反映されるまでにはかなりの時間がかかります。そのため、日本か欧州サッカーのブックメーカーに参加する人の大半は、入出金を短時間で行えるように、インターネット上で金融サービスを行っている外国企業で電子マネー口座をつくっています。開設手続きでは本人確認書類が必要となるので、パスポートか運転免許証を用意しておきましょう。

電子マネー口座が無事開設されれば、あとは入会したいブックメーカーサイトを選んで登録手続きを済ませるだけです。登録完了後、元手の資金を電子マネー口座を経由して入金すれば、賭けをはじめることができます。